banner 

造花には見えないし…ずーと枯れないで鮮やかな、お花の色・艶があせない…これって生花なの?…
って思うようなフラワーギフトを目にしたことありませんか??
それはプリザーブドフラワーかもしれません。

プリザーブドフラワーの良いところ

プリザーブドフラワーの良いところ。
まず、生花なので色が鮮やか。
当然、本物だから高級感が違う…っていうところ。
そして、生花では絶対出来ないお世話不要で良いっていうところ!
水やりが不要な生花って考えればいいんじゃないでしょうか。
だから、最近、プリザーブドフラワーのギフトが生花より人気があるのです。
生花は、ギフトでプレゼントしても、
受け取った側が、お手入れや枯れた後の処分で結構苦労しちゃうことを考えれば当然かもしれませんね。

花のみずみずしい質感を残したまま、長い間、楽しむことができます。

お手入れが不要なので、気軽にお花を楽しんでいただけます。

今どき造花の品をもらっても誰も喜ばないけど、
プリザーブドフラワーなら、
高価で上品なお花を頂いたと言う気持ちになりますから、
相手に失礼にあたることは、まずありません。

どのように使われているの?

フラワーアレンジはもちろんのこと、ギフト、ブライダルブーケ、会場装花から
レンタルプリザまで幅広く、今とても注目されているお花です。

欧米では数年前から人気があるプリザーブドフラワーは、
最近では雑誌やメディアなどの影響で、
日本でもお店の受付やショールームのお花、
高級サロンや最近オシャレなショップなどで目にします。

更に、開店祝い・新築祝い・引っ越し祝い・創立記念のお祝い
などにも胡蝶蘭や観葉植物などよりお手入れいらずの
プリザーブドフラワーを送られる方が多くなっております。



Copyright© 2011-2018 花一遊 日本心華道 いけばな・華道・プリザーブドフラワー教室 hana1you Design All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com