15の夜〜。

2018-05-21

尾崎豊さんの歌が私に気づかせてくれました。

あの歌歌ってた時代、自分も悩み、もがいた、

15歳位だった。

尾崎豊さん歌より

15の夜-

盗んだバイクで走り出す 行き先も解らぬまま

暗い夜の帳りの中へ

誰にも縛られたくないと 逃げ込んだこの夜に

自由になれた気がした 15の夜

冷たい風 冷えた体 人恋しくて

夢見てるあの娘の家の横を サヨナラつぶやき

走り抜ける

闇の中 ぽつんと光る 自動販売機

100円玉で買えるぬくもり 熱い缶コーヒー握りしめ

恋の結末も解らないけど

あの娘と俺は将来さえ ずっと夢に見てる

大人達は心を捨てろ捨てろと言うが 俺はいやなのさ

退屈な授業が俺達の全てだというならば

なんてちっぽけで なんて意味のない なんて無力な

今、息子15歳

色々難しい時期。

これは、みんな通る道?

毎日おきる、小さい事件…笑笑

エッセイ書けるな〜。出版社募集しております。

一遊ネタたっぷり。

子育てエピソード1

子育てエピソード2

人生初の笑える話

衝撃人生

山あり谷あり

波乱万丈

色々本出せそう。


コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2018 花一遊 日本心華道 いけばな・華道・プリザーブドフラワー教室 hana1you Design All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com