新宿アイランド 華展

2018-06-01

準家元会頭顧問

角田一遊

会場 : 新宿アイランド

《 作品名 》

「 激動 」

サブタイトル

15の夜

《 花材 》

・ 亀甲竹(節目)

・ グロリオサ(栄光)

・ オンシジューム(踊る)

・ 蘇鉄(金食い虫)

・ 御神木

・ ヘチマ(悠々自適)

《 尾崎豊さんの曲より 》

落書きの教科書と外ばかり見てる俺

超高層ビルの上の空 届かない夢を見てる

やりばのない気持の扉破りたい

校舎の裏 煙草をふかして見つかれば逃げ場もない

しゃがんでかたまり 背を向けながら

心のひとつも解りあえない大人達をにらむ

そして仲間達は今夜家出の計画をたてる

とにかくもう 学校や家には帰りたくない

自分の存在が何なのかさえ 解らず震えている

15の夜-

盗んだバイクで走り出す 行き先も解らぬまま

暗い夜の帳りの中へ

誰にも縛られたくないと 逃げ込んだこの夜に

自由になれた気がした 15の夜

冷たい風 冷えた体 人恋しくて

夢見てるあの娘の家の横を サヨナラつぶやき

走り抜ける

闇の中 ぽつんと光る 自動販売機

100円玉で買えるぬくもり 熱い缶コーヒー握りしめ

恋の結末も解らないけど

あの娘と俺は将来さえ ずっと夢に見てる

大人達は心を捨てろ捨てろと言うが 俺はいやなのさ

退屈な授業が俺達の全てだというならば

なんてちっぽけで なんて意味のない なんて無力な

15の夜-

盗んだバイクで走り出す 行き先も解らぬまま

暗い夜の帳りの中へ

覚えたての煙草をふかし 星空を見つめながら

自由を求め続けた 15の夜

盗んだバイクで走り出す 行き先も解らぬまま

暗い夜の帳りの中へ

誰にも縛られたくないと 逃げ込んだこの夜に

自由になれた気がした 15の夜

[作品一遊の心華 ]

息子に捧げる花として、今回は活けました。

今、多感な高校生の息子、反抗期…。

毎日色々な問題を母に向けてくる、

母は激動の毎日…。

しかし親は子供を心配しながらも、

素直にまっすぐ成長してほしいと、

息子が亀甲竹のように曲がった節でも

まっすぐに真のある人間に

育ってほしいと願って活けました。

鏡は自分自身を見つめ直して、

という気持ち尾崎豊さんの曲にあるガラスを割るという歌詞を表してみました。

一遊の作品は毎回、色々発見していただきたいと思って楽しませる遊び心の作品です。

今回は作品にQRコードを入れて、

気づいた皆様には楽しませる

一遊オリジナルの遊び心をしのばせました。

いかがでしたか?

沢山の方々にQRコードを携帯で撮っていただきました。

毎回、新しいオリジナルな発想でおどろかせたり、たのしんでいただける作品を発表しております。

《 初夏 つどう花々 》
第38回 日本古流いけばな展 10:00 ~ 18:00
入場無料
会期 6月3日(日)~ 4日(月)
会場 新宿アイランド B1Fアクアプラザ
主催 日本古流 四世家元角田一忠
TEL 03-3811-3713


コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2018 花一遊 日本心華道 いけばな・華道・プリザーブドフラワー教室 hana1you Design All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com