Archive for the ‘華道家 角田 一琴 の活動’ Category

日本古流展 新宿アイランド 作品名 孔雀

2023-06-11

作品名 孔雀

花材 ベニスモモ ドラゴンヤナギ マサキ ユリ

今回は新しいこころみをいたしました。

会場設営が10時20分頃まで行われていて、いけこみ時間は1時間半位しかない中で一琴先生と一遊で、大型花器をセッティングして、いけこみました。

2日間作品を進化させる、チャレンジをいたしました。2日とも見に来てくださるお客様がいらっしゃったので、楽しんでいただきたくて、一琴先生と、一広先生がいけばなLIVEで進化させました。

Instagram LIVEにて、

孔雀が羽を広げた2日目の作品とても華やかに、会場をいろどりました。

孔雀には、子孫繁栄や羽を広げる孔雀は、美しい、新しい華展べのチャレンジで、皆様に驚きと、楽しさを伝えられればとおもいます。

華展を、今回3人で楽しくいけさせていただけた事に、感謝です。

一琴先生は保育園の先生で、土曜日お仕事を有休とっていただき、一広先生は土曜日は営業のお仕事があったので、日曜日の朝5時に教室で合流して、いけばなLIVEでいけ込みをしていただきました。

お花や木を揃えられたご縁を感じ、花器は陶芸にご縁いただいた、陶芸財団法人元会長の塚原先生に感謝して、日々華道にいかしていただいていることに沢山のご縁を感じ生きていると感じております。

来年2024は心華展、第5回、プラザノース ギャラリーにておこないます。

今回のテーマは笑顔の花

華道の世界に笑顔の花を咲かせ、来てくださった方の心に笑顔の花を咲かせる華展を開催いたします。

<< 日本古流42回 華展 00 >>
<< 日本古流42回 華展 01 >>
<< 日本古流42回 華展 02 >>
<< 日本古流42回 華展 03 >>
↑↑↑ クリックするとインスタグラムが表示されます。

日本古流 新宿アイランド展

2023-06-06

新宿アイランド
日本古流華道展覧会
無事2日間の開催が終わりました。
沢山のご来場ありがとうございました。
ご対応できなかった、お客様には大変失礼いたしました。


来年も、開催いたします。ご案内いたしますので、是非いらしてください。

<< 日本古流42回 華展 00 >>
<< 日本古流42回 華展 01 >>
<< 日本古流42回 華展 02 >>
<< 日本古流42回 華展 04 >>
↑↑↑ クリックするとインスタグラムが表示されます。

新宿アイランド いけばな展

2023-06-03

新宿アイランド 
日本古流華道 展覧会
無事2日間の開催が終わりました。
沢山のご来場ありがとうございました。
ご対応できなかった、お客様には大変失礼いたしました。
来年も、開催いたします。ご案内いたしますので、是非いらしてください。


<< 日本古流42回 華展 00 >>

<< 日本古流42回 華展 01 >>


<< 日本古流42回 華展 03 >>


<< 日本古流42回 華展 04 >>


↑↑↑ クリックするとインスタグラムが表示されます。


靖国神社 献花 2023

2023-05-08

靖国神社の献花に5月6日から5月12日まで境内の中に展示してございます。

角田一遊の作品

花材 荒天桑 胡蝶蘭 猫柳 モンステラ

靖国神社をイメージ白い胡蝶蘭を使わせていただきました。こちらの胡蝶蘭は、私の生徒様のご実家が花生産者の方から購入させていただいた新鮮な胡蝶蘭です。

1週間の長い展示期間なので、蘭にいたしました。この世が好転するように、コウテンクワを花材に使わせていただきました。

全ての事が好転するように願いをこめて、皆様に沢山良いこと楽しい事が訪れますように気持ちをこめていけさせていただきました。

角田一琴先生 副家元の作品です。

花材 極楽鳥花 葉蘭 銀香梅 荒天桑


《 インスタグラムへ クリックするとリンク先へ 》

新年のご挨拶 角田 一琴先生

2023-01-01

Flower tone ~花音~
角田一琴
新年あけましておめでとうございます。御家元先生をはじめ諸先生方、お健やかな新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
今年は卯年、新しいことに挑戦するとうさぎのように『ぴょんぴょん』と飛躍することができる年だそうです。私も新しいことにぴょん!っと挑戦するそんな年にしたいと思います。
私は物心ついた時から家にはお花があり、お花に囲まれて育ちました。母がお花を活ける姿がとてもかっこよく、とても憧れました。自分も人の心を動かし感動するお花を活けたいと思い、4歳から華道を習いはじめました。また、お花を見ると、どんなに辛いこと悲しいことがあってもお花を見ると明るい気持ちになれました。逆に家にお花がないと気持ちが落ち着かない感じもしました。今思うと私にとってお花はなくてはならないものだと思います。
私は現在保育士として働いています。IT化が進み今の子どもたちはあまり自然のものに触れる機会が少なくなってきているように思います。お花が身近にあるとこんなにも幸せな気持ちになるよということを子どもたちに伝えて行きたいと思っています。保育園の製作等でも、大人が思いつかないような素敵な発想やアイデアがあり私も日々驚かされます。そんな子ども達に華道という素晴らしい文化を知ってもらえたらと思って活動しています。
コロナ禍になり、人との関わりが少なく距離も取るようになってしまいました。だからこそお花を活けて、少しでも多くの人の心が明るくなれたらいいなと思いインスタグラムでライブ配信をして活動しています。だんだんとコロナ禍も新しい生活様式になってきて、実際に五感を使って作品を感じてもらえるようになり嬉しく思います。
今年は音楽と花を融合させた『花音』の活動をします。第4回目の心華展でご来場いただだいた方とのご縁があり、お花を通して素敵な女子大生の歌姫と花音の活動をすることができます。本当にお花にはたくさんの人とのご縁を繋ぐ力を感じ、感謝の気持ちでいっぱいです。今回の花音では小さい子どもたちから幅広い世代の方の『心に残る活動』にしたいと思います。見てもらう方があっと驚き、やってみたい!日本って素晴らしい文化があるんだということを改めて知っていただけるような活動にしたいです。
私はこんな素敵な文化がある日本に生まれてとても嬉しく思います。先人が繋いでくださった素敵な日本文化の華道を私も次の世代へとつなげられるようにこれからも活動をしていきたいです。
最後に御家元をはじめ諸先生方のご健康とご多幸をお祈りいたしまして新年の挨拶とさせていただきます。


« Older Entries
Copyright© 2011-2024 花一遊 日本心華道 いけばな・華道・プリザーブドフラワー教室 hana1you Design All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com