角田 一遊のブログ

石森健太郎 心華展作品

2024-04-08

花材)
「姫つつじ(桃色)
スカビオサ(紫)
2日目アイリスら
雲竜柳

[作品自己紹介】〈作品名,春華
春を彩る華、新しい季節を華やかに迎える気持ちを作品名にしました。
しっかりと芯があるどっしりした切り株を子供から大人までみんな笑顔で一緒になっていることに見立て、そこから高く高く
華やかに花を咲かすことを表現しました。
今回、器にしました切り株はお仕事中に
どうしても取り除くしかなかった大きな木を仕事仲間と一緒に加工をして器として蘇らせました!
名前 石森健太郎


日本心華道 家元補佐 角田一広先生

2024-04-05

日本心華道 家元補佐 角田一広先生
作品名[リホーム・改善・改良]
花材
木をかんなで削って薄い皮
欄間
バンクシア


@nozaki.koumuten78
野崎工務店にて、営業マンとして、勤めております。
社長にお願いして、作品つくりに木の削った皮を集めていただきました。
今回は、お家元の実家の建て直しの時に残しておいた欄間も使って、家を建てたり、販売しているので、華道にも使ってみたいと、会社でも、展示できるように生のお花がドライフラワーになる花材選びをいたしました。


日本心華道 副家元 角田一琴 先生

2024-04-05

日本心華道 副家元 角田一琴先生の作品
作品名『 チャレンジ』
(花材)
・ネっアイギ
グロリオア(クリーム)
ドラセナ
[作品自己紹介】
第5回心華展テーマのショッキングピンクは私の好きな色です。かわいらしく、でもまっすぐで芯を待って色々な事に挑戦したいという思いを表現しました。


保育士させていただき、今年度は年長さんを担当しておりましたので、卒園児を送り出しました。
その子供達のエールの作品にに小学生になっても、個性あふれる笑顔忘れずに健やかに成長して欲しいそんな思いも作品にこめました。
心華展に卒園児が作品と、一琴先生に会いにきてくださいました。
会場はいっそう、笑顔の花が咲き乱れました。

ご来場頂き誠にありがとうございました


社会福祉 介護施設に笑顔の花をお届け 

2024-04-03

社会福祉貢献のため介護施設で、コロナ前は月200名以上の生徒様日本心華道華道の楽しさをお伝えしておりました。


コロナ禍に、1つ残して、全てお教室、なくなりましたが、今回介護施設の方も心華展を見に来てくださいました。ありがとうの気持ちを込めて、木を運ぶのにご協力いただいた社長様の経営されているルミエール介護施設に活けさせていただきました。
社長様ありがとうございました。
入所者の方喜んでくださるといいな
桜見ていただきたいです。
2023年11月にさいたま市より市長賞をいただきました。引き続き社会福祉活動もしていきたいと思います。いつか、一遊もかわいいおばあちゃんになりたい。


中村一元 心華展作品

2024-04-03

5歳から始めた華道小学6年生になりました。

(花材)

アダンの実

アルストロメりア

サンダーソニア

【作品自己紹介】

自由にやった〜

ジャングル


Copyright© 2011-2024 花一遊 日本心華道 いけばな・華道・プリザーブドフラワー教室 hana1you Design All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com